イルミーチョ ビスポーク

イルミーチョ ビスポーク

とあるルートから手に入れたイルミーチョのビスポークシューズ、フルハンドメイドだが何の革で仕立てられているのかは分からない(水牛?)。早藤良太氏によるオールソールが施されている。早藤氏が「tie your tie」に在籍していた時期、イルミーチョの中期頃の靴だろうか?非常に柔らかい履き心地だが、反面非常にデリケートな作りの靴という印象も受ける。イルミーチョもまた年代によって作りが違う。私が何足か見た感想では、初期のモノは荒削りだが、耐久性や使う事も考えた作りだと思う。逆に近年のモノは耐久性や実用性を犠牲にしたぶん他の追随を許さないほどに洗練された靴だとは思う。

Comment
ログインするとコメントを残せるようになります
Logs