The History of NewBalance

History of newbalance Shoes

1906年に創立され、インソール製造から矯正靴、そして現在のようなアメリカを代表とするスニーカーブランドに成長した背景には何があったのか?
歴史と共に、New Balanceを愛した有名人などを紹介しています

1906年ボストンで誕生したNewBalance

newbalanceの歴史

1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、ニューバランス社は誕生。社名の由来は、履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらすこと。
1930年代から、カスタムメイドのランニングシューズの製造を開始。当時ボストンにあった野球チームのスパイクとしても提供をしていました。
1960年代から、ウィズ(足囲)でもサイズ選択が可能な「ウィズサイジング」を世界で初めて採用したシューズを発売開始。当時は、ボストンマラソンやYMCAプログラムなどでシューズを提供し、好評を得ました。
そして1972年。6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社をジェームス・S・デービス(現NewBalance取締役会長)が買い取り、現在のグローバル戦略を進めて行きます。
日本では、1980年代に月星化成(現:ムーンスター)がライセンス・販売を開始。 最近では、2013年からプロスケーターのJamie Thomasと”New Balance Numeric”というスケートボータ用のラインを立ち上げ、積極的な展開をしています。

「雲の上を歩いている様だ」

newbalanceの歴史

New Balanceの魅力はデザインもそうですが、履き心地です。
足の負担を少なくする為に採用している「ウィズ・サイジング」が特徴で、スニーカーの紐で足を締め付けるのではなく、ヒール部分とサイド部分で足全体をしっかりホールドし、微妙なフィット感の調節のみを靴紐で行う独自の機構を持ったスニーカーのデザインに仕上げています。その結果、靴紐を上部に配置することで、他のスニーカーより指先が自由に動き、地面を掴みやすいと言われています。
その履き心地から、かのラルフ・ローレンが「雲の上を歩いている様だ」とまで絶賛しました。

New Balanceの576などの数字の意味は?

newbalanceの歴史

New Balanceにはたくさんの種類があります。そのほとんどに数字が使われています。一般的に、下記のような説明があると言われています。

500番台:トレイルランニング系モデル
代表型番:576、577、580など
特徴:トレイルランニング用なのでソールがゴツい。シルエットは丸め。

900番台;ロードランニング系モデル
代表型番:990、996、991、992など
特徴:500番台よりソールはゴツクない。シルエットは細めが多い。

1000番台:ニューバランスにフラッグシップモデル。
代表型番:1300、1400、1500、1600、1700、2000、2001、2002、2040
特徴:その時代時代のNBの最高テクノロジーが搭載されている。

また、現在では一般的に大きく分けて、UK(イギリス)、USA(アメリカ)、Made in CHINE(中国)、 Made in Vietnam(ベトナム)というのが存在します。作られた場所によって同じタイプの靴でも足幅が異なったりするので、購入前には試し履きをすることをお勧めします。

NewBalanceを愛した有名人

newbalanceの歴史

NewBalanceを愛した有名人はとても多いです。
おそらくその中でも一番注目を浴びた人は、”スティーブ・ジョブス”ではないでしょうか。彼はiPhoneの発表イベントなどでNew Balanceを履いている姿がよく見られました。
また最近では、ファッションアイコンとしても活躍しているアメリカの歌手”カニエ・ウェスト”もプライベートでNew Balanceを履いている姿がメディアでよく見られます。

New Balanceは靴職人のこだわり

ニューバランスは靴職人のこだわりと誇りを失いません。
ニューバランスの靴はイギリス、アメリカの靴職人のクラフトマンシップとチーム力に支­えられています。今もイギリス、アメリカの向上では、靴職人がシューズを手縫いで製造­しています。ニューバランスは現在アメリカでスポーツシューズを製造する唯一の会社と­なりました。
このムービーは、ニューバランスの靴の製造工程を紹介しています。