The History of Alden

History of Alden Shoes

最高の履き心地を追求するAlden。130年間、愛され続けた歴史を調べました。会社の創立から現在までの道のり、そしてオールデンを愛した有名人などが分かります

1884年マサチューセッツ州で誕生したAlden

Aldenの歴史

1884年、Charles H.Aldenがアメリカのマサチューセッツ州のミドルボロウに設立した、老舗シューズブランド。他の高級紳士ブランドが大手のアパレルに買収される傾向がある中、1970年にAlden家からTarlow家にブランドは引き継がれ、その後、4代に渡りブランドを守り続けています。
オールデンの特徴は、コードバンと呼ばれる馬のお尻の革を使用した革靴が有名。その履き心地から、”オールデンを履いたら、その他の革靴が履けない”と言われることもあります。
日本では、1979年に初めてBeamsが紹介して以来、UNITED ARROWS、SHIPS、ラコタハウスなどで販売が始まっています。

最高革と言われる”コードバン”の魅力

Aldenの歴史

コードバンは、”革のダイヤモンド”と呼ばれるほど稀少なものです。1頭から採れるコードバンの量はごくわずかであり、高級アパレルの一部などで利用されることがあります。
一般的な革との違いは、通常の革はコラーゲン繊維が絡み合いながら横に走っているのに対し、コードバンはコラーゲン繊維が整然と縦に並んでいる。コードバン層はこのコラーゲン繊維の断面が表面組織となっているため、綿密になっています。
そんなコードバンは、履き心地が他とは違うと言われています。オールデンの靴は会社の靴作りのこだわりにも有るように本当に実用性に優れています。特にフィット感や靴の履き心地は素晴らしいです。
ただし、そんなコードバンでも弱点はあります。雨に弱いです。水に濡らすとシミが出来る事があり、オールデンの履いている人の間では、雨の日は履かない人が多いです。

オールデンを愛した有名人

Aldenの歴史

オールデンを愛した有名人はとても多いです。
まずは、ハリソン・フォード(Harrison Ford)。映画「The Boots of Indiana Jones」の中でインディージョーンズが履いているのは、オールデンのワークブーツです。一説によると、スタイリストが用意したブーツに不満があり、ハリソン・フォード自身がオールデンのブーツを用意したとの噂があります。
その他には、キャリー・グラント(Cary Grant)。映画「めぐり逢い」などで知られる英国出身の俳優。キャリーはAldenを好んで履いており、googleで「Carry Grant Alden」と検索すると、当時の様々な写真を発見することができます。

オールデン社長ARTHUR TARLOW氏が語る、オールデンの魅力とは?

記事を書くのに参考にさせて頂いたサイト

ダブルソールに投稿されているAldenの靴